医療法人成和会 山口病院
HOME
新着情報
病院からご挨拶
病院のご案内
診療のご案内
入院のご案内
各種教室のご案内
おくすりのこと
リンク集
求人情報
インターネット予約・変更
山口病院携帯サイト
携帯サイトQRコード
山口病院の携帯サイトが
OPEN致しました!
詳しくはこちら

サイトマップ
個人情報の保護について
病院からご挨拶
院長より
当院は,昭和37年の開院以来,母と子のための病院として親切医療をモットーにしております.

現在は,臍帯血(さいたいけつ)バンクの協力医療機関としての活動,3D超音波検査や,新生児聴覚スクリーニング検査などを通して研究もおこなっています.また,生まれてすぐの授乳や早期の母児同室などを進め,完全母乳育児を目指しています.

※なお現在,母子の安全管理の為、カンガルーケアを行わない場合がございます.
これからも,患者さまからいただいた貴重なご意見を参考にして,地域の皆様に喜ばれる病院づくりを進めていきたいと考えております.
院長、副院長、診療部長の紹介
院長 山口 暁
医学博士,産婦人科専門医
日本医科大学千葉北総病院 連携教授
略 歴
1983年 日本医科大学 卒
1987年 同 大学院 卒(医学博士号を取得)
日本医科大学付属第一病院 産婦人科,厚生連下都賀総合病院 産婦人科,都立築地産院 新生児科 などに勤務
日本産婦人科学会 産婦人科専門医
1994年 日本医科大学付属千葉北総病院 産婦人科・母子センター医局長
1997年 同 講師
1998年 山口病院 院長
2012年1月 日本医科大学連携教授就任
  現在に至る
院長 山口 暁
〜・◆・◆・◆・◆・◆・◆・〜

副院長 山口 稔
医学博士,産婦人科専門医,スポーツ専門医
副院長 山口 稔
〜・◆・◆・◆・◆・◆・◆・〜

診療部長 横田 明重
医学博士,産婦人科専門医
日本医科大学多摩永山病院 非常勤講師

診療部長 横田 明重
▲pagetop
母乳育児、カンガルーケア、母児同室・母児異室

母乳育児

母乳は赤ちゃんにとって一番理想的な栄養です.母乳に含まれている免疫体などにより,赤ちゃんは病気にかかりにくくなります.また,母乳は赤ちゃんの未熟な消化・吸収・排泄を助けます.さらに,母乳は常に新鮮で無菌,適温であるので,いつでも,どこでも赤ちゃんに与えることができます.

母と子は一体のものです.母親がイライラすると赤ちゃんも機嫌が悪くなります.逆にゆったりした気持ちで接すると,赤ちゃんはとても穏やかになります.大切なことは,ゆったりした気持ちで,リラックスして母乳育児を楽しむことです.

当院では,母乳育児に取り組まれるお母さんのために,国際ラクテーションコンサルタントによる講演会を開催しています.また,入院中は,医療スタッフにより,お母さんの日々の変化に合わせた授乳指導を行っています.

なお,お母さんの体の状態や,ご希望により,ミルクを選択することもできます(アレルギー予防用ミルクもあります).ご遠慮なくご相談ください.

母児同室・母児異室

出生後まもない時期は赤ちゃんとお母さんにとって大事な時期であるため,当院では母児同室を実施しています.母と子の絆の形成には,生まれてから何日間かがとても大切であることが研究から知られるようになりました.また,生まれたときに初めて接するものを親と思う「刷り込み現象」が哺乳動物の親子にも起こりうることが観察されています.

母児同室の良い点として,以下の事があげられます.
(1) 赤ちゃんが欲しがるときに欲しがるだけおっぱいをあげることができるので,母乳育児の成功につながります.
(2) たくさんの看護スタッフや医師にケアされる新生児室よりも,感染の危険がずっと少なく,お母さんから移行する菌が赤ちゃんを感染症から守ります.

ただ,母児同室と聞いて,少し尻込みされるかたがいらっしゃるかもしれません.大変なお産の後,「少し休みたい」と思われるでしょうが,わからないことは看護スタッフや医師に質問して,ぜひこの機会に,母児同室の良さを生かして子育て体験をしてみてください.

ご希望により,母児異室での入院も可能です.ご遠慮なくご相談ください.
※現在,母子の安全管理の為、カンガルーケアを行わない場合がございます.
▲pagetop
新生児視聴覚検査スクリーニング
「新生児聴覚検査」を見る
健康に生まれた赤ちゃんの1,000人に5人は聞こえの異常(聴覚障害)があるとされています.聴覚障害があると,赤ちゃんの言葉や知能の発育のうえで大きな問題となります.聴覚障害を早く発見し訓練を始めることで,言葉の発達などに大きな効果を与えることが分かってきました.

当院では,聴覚検査を出生直後からおこなえる検査装置を導入し,聴覚障害の早期発見に努めております.検査は,赤ちゃんが眠っている間にかすかな刺激音を聞かせて,その反応を調べるものなので,赤ちゃんに危険も苦痛も与えません.
▲pagetop
「臍帯血」をご存じですか?

臍帯血(さいたいけつ)について

臍帯とは,赤ちゃんとお母さんの胎盤をつなぐへその緒のことで,このへその緒と胎盤に含まれる血液が臍帯血と呼ばれています.

臍帯血は赤血球や白血球など血液のもとになる造血幹細胞を豊富に貯えています.この造血幹細胞を白血病や再生不良性貧血などの血液の難病に苦しむ人たちに移植すると,移植を受けた人の体内で血球を作りだし,病気に対する治療効果が期待できます.また,臍帯血は新生児の未熟な免疫機能の助けもあり,移植した臍帯血による患者さんへの攻撃である拒絶反応(GVHD)も起きにくく,安全性も高いといえます.

臍帯血の採取は,出産が終わった後に胎盤と臍帯に残っている血液を採取するため,赤ちゃんにもお母さんにも,まったく負担をかけずに行うことができます.

採取した臍帯血は各地の臍帯血バンクで保存され,必要な患者さんが現れたときに移植に使われます.

当院は「東京臍帯血バンク」の協力病院です

臍帯血の採取にはさまざまな制約があり,現在,採取のできる病院は限られています.当院は東京臍帯血バンクの協力医療機関で,ご賛同いただけるかたから臍帯血を採取しています.

※ 詳しくは,臍帯血関連のホームページをご覧ください.

copyright(c)2003 YAMAGUCHI WOMEN'S HOSPITAL. all rights reserved.
pagetop